婚約指輪の選び方や渡し方について

婚約指輪とは、男性が婚約の記念に女性に送る指輪であり、結婚の決まった女性の多くが結婚準備の過程の中で、最も興味を持っているものの一つでもあります。よく、テレビや映画の中で、「結婚してください」というプロポーズの言葉とともに、男性が女性に差し出す指輪がありますが、その指輪のことです。テレビの世界では、何百万円とする指輪が出てくることもありますが、それは本当に一部の人たちの話で、普通の人々は、何十万円という価格の指輪を選ぶのが一般的です。

一般的な婚約指輪の渡し方も、テレビや映画のようなドラマティックな渡し方はあまりしません。プロポーズが済んで、婚約が決定した後で、二人で一緒に買いに行くケースが多いものです。また、指輪についている宝石もダイヤモンドと決まっているわけではありません。人によっては、誕生石や或いは真珠を選ぶこともあるようです。但し、殆どの人がダイヤモンドを選んでいるという事実も知っておいて良いでしょう。ちなみに私も、現在の妻と一緒に選んで、ダイヤモンド付きのものを渡しました。

婚約指輪を渡すタイミングについては、特に決まりがあるわけではありませんが、結納や両家の顔合わせのときは、ひとつのタイミングです。正式な結納は減少傾向にあるものの、結婚する本人達と、両家の家族が集まる顔合わせの食事会が行われることは多いようです。その実施の目安は、挙式の半年前です。双方の家族の前でお披露目したいと思っているのなら、そのタイミングに合わせて二人でを選ぶと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 婚約指輪の選び方や渡し方について
[`evernote` not found]
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]