婚約指輪を昔「自分で買って寂しかった。」と聞いたことがある。
婚約指輪は、結婚へのステップの一つだと思う
又、相手の気持ちを形に表してもらう事は大事だと思う。
それを一番に表すのも、指輪ではないだろうか。
指輪の金額も、「給料の3ケ月分」と言うが、それは関係ないのではないか。
いくら、金額が定義通りだとしても自分の好きなデザインでなかったり、宝石出なかったり、ブランドでなければ「気持ちの表れ」が裏返しになる恐れがある。

指輪は時として、女の勲章にもなるのである。
それ位、大切なものと認識して贈る側も考えてほしい。
良く、ただ送れば良いと勘違いしていたり
自分が、相手を思って贈るのだから気に入る前提で購入するは間違いである。
ある意味、これから人生を共に送るワンステップとしての第一テストと思っても良いかもしれない。
自分勝手に購入する人は、これから先何でも自分一人で先に進めてしまう人。
又、パートナーと楽しみながら決める人はこれからの色々な出来事もパートナーに相談しながら決めるのではないでしょうか。

たかが指輪、されど婚約指輪でもあるのです。
高価な指輪は、冠婚葬祭に身につける事が多い。
結婚して、毎日の事に追われた時ふと冠婚葬祭で指に通した時
何とも言えない優しい気持ちにさせてもくれます。
なので、じっくりお互い何を求めているかをパートナーと確認して
じっくり選ぶのも良いと思います。
時には、あまりに考え過ぎて悩む事もあるかと思います。
しかし、面倒がらずゆっくり楽しんで指輪を選び相手の指へはめる事をお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 絶対欲しい婚約指輪
[`evernote` not found]
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]