婚約指輪について

今時の婚約指輪の常識

婚約指輪と言えばダイヤモンドですよね。ドラマや映画のシーンでもお馴染みですし、著名人が婚約記者会見を開くと必ず、指輪の話題になりますよね。キラキラと輝くジュエリーが好きな女性は世の中に多いと思いますが、私もそんなジュエリー好きのひとりです。以前から事あるごとに自分へのご褒美を言い訳に、少しずつ増やしてきました。婚約しても指輪はいらない、と言う人も聞きますが、私は自分が結婚を決めた時には是非、相手からダイヤの指輪を送ってもらいたいと思っていました。

そんな私が結婚を決めたのは3年半程前のこと。映画のシーンのように彼がジュエリーボックスを開けると中にはキラキラと輝くダイヤの指輪、とはいかないものの、当然婚約指輪はあるものだと思っていました。でも好みやサイズを聞かれることは一切なく、何かと言えば「お金がかかる」と言って難しい顔をする彼(今の旦那)。彼の両親に初めて会った時フレンチレストランを予約して会食をしたのですが、両親と別れて二人になってから彼が発した言葉に私は唖然としました。私がトイレで席をはずしている間に指輪を贈ったかという話になったそうなのですが、彼は「S子はそういうの興味ないから」と答えたと言うんです。あまりの驚きに、私はその場で何も言えませんでした。それから暫くしたある日、相変わらず指輪を貰える気配もなく、彼がまたお金のことでブツブツと言っていたので思い切って指輪はないのか聞いてみました。彼の回答はハッキリしないもので、イライラした私はついに「要らない」と言いました。

その後、結局私の憧れだったダイヤの指輪が彼から贈られることなく結婚しました。自分から要らないと言ったので仕方ないのですが、一生に一度のことなのでとても残念です。結婚してみて痛感したのですが、旦那は非常にケチな人でした。節約とか、つつましく暮らすとかではなく、ケチなんです。指輪なんて彼にはムダそのものだったんですね。もうこの先貰えることのないダイヤの婚約指輪は、まさに私の永遠の憧れです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 憧れだったダイヤの婚約指輪
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

宝石会社に勤務しておりました。その内お店で店長というのを5年ほどと商品部というところに7年ほど勤務しておりました。そんな関係で婚約指輪についてて一般の人よりはやや詳しいかなと思います。
とりとめもなく婚約指輪について述べさせていただきます。
婚約指輪は普通結婚を約束した男性が女性に送るもののようです。多くの人がダイヤモンド、率にして90パーセント以上でしょうか。次に誕生石などでルビーやパールなどを選びます。
ただ本来これでなくてはいけないということはないわけですが何故か皆同じ傾向を好みます。購入値段は平均20万から40万くらいで都心部のほうが若干平均購入単価は高いようです。
まずダイヤモンドですがほとんどプラチナののリングに一つ石がついたタイプが選ばれます。40年以上前なら爪の高いいわゆるたて立爪が人気でしたが今はというかここ数十年爪の高さを抑えたタイプが主流です。ダイヤモンドは言うまでも無く輸入品です。その多くはイスラエルやベルギーから輸入されます。小さいメレダイヤなどはインド、逆に大きなダイヤはロシアやニューヨークなどから輸入されることもあります。
ニューヨークといってもそこで産出されるわけではありません。売買の市場があるということです。
例えばそれらの国から一つ10万円ぐらいで輸入されたダイヤは50万円くらいの値がついて店頭に並べられます。それを高いと思われるかもしれませんがリングの素材の値段や加工賃、人件費や広告宣伝費などを考えると必ずしも高いわけではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 婚約指輪について色々
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

婚約指輪とは、男性が婚約の記念に女性に送る指輪であり、結婚の決まった女性の多くが結婚準備の過程の中で、最も興味を持っているものの一つでもあります。よく、テレビや映画の中で、「結婚してください」というプロポーズの言葉とともに、男性が女性に差し出す指輪がありますが、その指輪のことです。テレビの世界では、何百万円とする指輪が出てくることもありますが、それは本当に一部の人たちの話で、普通の人々は、何十万円という価格の指輪を選ぶのが一般的です。

一般的な婚約指輪の渡し方も、テレビや映画のようなドラマティックな渡し方はあまりしません。プロポーズが済んで、婚約が決定した後で、二人で一緒に買いに行くケースが多いものです。また、指輪についている宝石もダイヤモンドと決まっているわけではありません。人によっては、誕生石や或いは真珠を選ぶこともあるようです。但し、殆どの人がダイヤモンドを選んでいるという事実も知っておいて良いでしょう。ちなみに私も、現在の妻と一緒に選んで、ダイヤモンド付きのものを渡しました。

婚約指輪を渡すタイミングについては、特に決まりがあるわけではありませんが、結納や両家の顔合わせのときは、ひとつのタイミングです。正式な結納は減少傾向にあるものの、結婚する本人達と、両家の家族が集まる顔合わせの食事会が行われることは多いようです。その実施の目安は、挙式の半年前です。双方の家族の前でお披露目したいと思っているのなら、そのタイミングに合わせて二人でを選ぶと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 婚約指輪の選び方や渡し方について
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

婚約指輪は、エンゲージリングといって、婚約するときに婚約相手に渡すものですね。私はまだそういう相手がいないので、なるべく早くエンゲージリングを渡す相手が、見つかればいいのですが、なかなかそれが難しい。相手が見つかったら、どんなエンゲージリングを選べばいいのでしょうか。婚約指輪はエンゲージリングなんですが、結婚指輪とは違います。結婚指輪はマリッジリングといって結婚する二人がそれぞれに一個づつ持つ指輪ですが、婚約指輪というのはエンゲージリングといって男性から女性にプロポーズするときに渡すものがエンゲージリングなんです。だからエンゲージリングはずっとつけている結婚指輪とは違って飾りのある指輪を送ることが多いのです。今はエンゲージリングというと二人で選んで買いに行くことも多いですね。よくエンゲージリングはダイヤモンドとかいうことを聞きますが、ダイヤモンドでなければいけないということは全くないのです。結婚を約束する指輪ということで彼女の誕生石を選んだり、彼女の好きな指輪を選べばいいのです。よく結婚会見などでダイヤモンドの指輪を見せびらかしたりしてますが、見栄で買うものではないので好きな指輪を選んで、一生付けられるようなものを選ぶのがいいのではないでしょうか。そういうものを選べば、きっと離婚することもないでしょうし、指輪を見れば離婚しようとしてる時でも結婚の時のことを思い出し思いとどまるかもしれませんね。そういう相手が欲しいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 婚約指輪を渡したい。
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

私は男性ですが、比較的若くして結婚をしました。本当は貯金を結構して、収入もかなり高くなり安定してから結婚をしようと考えておりました。しかし、今の奥さんが年が結構上で子供を産むなら遅くならないうちに出来るだけ早く産みたいという事をものすごく願っていまして、相当な期間その押しに合い、最後は大変だけど必死にがんばるからという事で負けてしまいました。そして、婚約指輪を購入する事になりました。本当であれば一般的に言われています、給料の3ヶ月分といった婚約指輪が望ましかったのですが、その当時は給料も安く3ヶ月分も出せない状態で購入しました。本当にこんなんでいいのかといった感じでしたが、お金ではなく気持ちだと思いそういう決断をしました。私としては、本当であれば非常にうれしい事なのですが、ちょっと引っかかりはしました。こんな感じで婚約指輪を購入して、勢いで結婚してしまった感じが相当強いのですが、今結婚11年目ですが、子供も2人でき家族仲良く暮らしていけているので、良かったと思っています。一般論がどうであろうが、結局は本人同士の自己満足といったところなので、そこがお互いに納得出来れば全て良いと思います。ちなみに、結婚10年目には収入も安定してきたので、スイートテンダイヤモンドをプレゼントしました。これは相当喜んでくれました。ただ、うちの奥さんは前述した通りにお金がどうとかというのは全く関係ないといった感じなので、10年目にプレゼントをもらったという事に感動してくれていたようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 私が結婚した時の婚約指輪
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]